椎間板の伸びが身長の伸びと関係しています

悪性の腫瘍である卵巣ガンは、正常ならば体をガンから保護する作用を持つ物質を作り出すための型のような遺伝子の不具合で起こる病気だということです。
AIDSはHIV(human immunodeficiency virus)の感染が原因となって生じるウイルス感染症の病名であって、免疫不全となり健康体では感染しにくい病原体による日和見感染や悪性腫瘍等を発症してしまう症候群の事を総称しているのです。

スギの花粉が飛散する期間に、お子さんたちが体温はいつも通りなのにしょっちゅうクシャミしたり水のような鼻水が止まってくれない時は、杉花粉症の可能性が高いかもしれません。

クシャミ、鼻水、鼻詰まりに目の痒み・異物が入っているような感じなどの花粉症の辛い諸症状は、アレルギーの原因となる花粉の放出される量に追従するように深刻になってしまうデータがあるとわかっています。

体重過多に陥っている肥満というのはもちろんあくまで食生活の質や運動不足などが誘因ですが、同量のごはんであれ、慌ただしく食べ終わる早食いを続けたならば肥満(obesity)の状態を招きます。


基礎代謝(Basal Metabolism、BM)とは人間が何もせずにじっとしていても燃焼するエネルギーのことですが、そのほとんどを全身の様々な筋肉・内臓の中で最も大きな肝臓・大量の糖質を必要とする脳が占めていると言われているようです。

胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、5日前後ちゃんと服薬すれば、全般的に8割~9割の人の自覚症状は去りますが、かといって食道の粘膜の傷みや炎症が根治したわけではないので注意が必要です。

毎日の規則正しい、穏やかな生活の継続、満腹になるまで食べないこと、楽しい運動や体操など、アナログともいえる体への意識がお肌の老化防止にも活用されるといえます。

今、比較的若い世代で結核菌(けっかくきん)に抗う抵抗力、すなわち免疫力を保有しない人達の割合が高いことや、診断が遅れることが主因のアウトブレイク・院内感染が多くなっています。


「ストレス」というのは、「なくすもの」「取り去らなければいけない」ものと捉えがちですが、実際は、我々人間は多種多様なストレスを感知するからこそ、活動していくことが可能になっています。
気が付くと横向きのままでテレビを眺めていたり、思いっ切り頬杖をついたり、踵の高い靴などを毎日履いたりという癖や習慣は身体のバランスが崩れる元凶になります。

3つのアミノ酸からできているグルタチオンには、細胞の機能を下げたり突然変異を誘発する悪影響を及ぼす有害物質を身体の内側で解毒し、肝臓の役割を強める性質が判明しています。

ダイエットに没頭するあまり1日の総カロリーを控える、1人前を食べない、というような暮らしを続けると結果的に必要な栄養までもを不足させ、深刻な冷え性をもたらすことは、多くの先生方が問題視されているのです。

インフルエンザ(流感)に適応する予防法や医師による処置等、このようなベーシックな対策そのものは、それが季節性インフルエンザであっても新たに発見された新型のインフルエンザであってもほとんど変わらないのです。


強い痛みを伴うヘルニアは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の間で緩衝材の役目をする椎間板(ツイカンバン)というやわらかい円形の線維軟骨がはみ出てしまった様子のことを称します。成長期にはこの椎間板の伸びが大切だと言わせています。成長期の椎間板の伸びについてはこちらのサイトにも書かれています。→成長期の身長を伸ばす方法